2021/12/28 火

「強く、愛されるクラブ」実現に向けての申入書を提出

柏レイソルを応援する皆様へ

私共、サポーター有志は、2021 年シーズン(J1リーグ15位、12勝5分21敗 、YBCルヴァンカップ予選敗退、天皇杯3回戦敗退) の成績やシーズンを通して主力選手の移籍に歯止めがかからないクラブの現状は、大変厳しいものであると考えております。
また、2021年シーズンにてクラブを離れることになったクリスティアーノ選手をはじめとした功労選手への退団に関してのファン対応についても大きな疑問を感じております。

そのようなことから、私共、サポーター有志といたしましては、柏レイソルのクラブコンセプトである「強く、愛されるクラブ」の「形骸化」に強い危機感を抱いており、社会的責任はもとより、公共性・公益性が求められるプロサッカークラブとして、明確なメッセージや考えの発信が必要であると考えており、柏レイソルのクラブコンセプト「強く、愛されるクラブ」実現に向けての申入書(3点の質問事項)を、株式会社日立柏レイソル代表取締役瀧川龍一郎様宛に12月28日付けでお送りしたことをご報告いたします。

■申入書(12月28日付け)
申入書_20211228

皆様もご承知の通り、Jリーグも激動・競争の時代に突入し、予算・規模のクラブ間格差は想像を超えるスピードで拡大しています。

クラブの根幹であるクラブコンセプトや経営方針は、「柏レイソル」というクラブの未来を左右し、さらには、柏市をはじめとするホームタウンの宝である「柏レイソル」の存続に影響しかねない、非常に重要な役割を担っていると私共は強く考えております。

今回、私共、サポーター有志といたしましては、「柏レイソル」というクラブのあり方について、柏レイソルを応援する多くの皆様にも共有したいと強く考え、本HPにて掲載させていただきました。

今年も、多くのサポート活動にご協力いただき感謝申し上げます。2022年シーズンも引き続き、「柏レイソルに関わる全ての人」と一心同体となり、最大限のサポート活動を続けてまいります。何卒、よろしくお願い申し上げます。

2021/12/02 木

ホーム最終戦 選手入場時にゴール裏でコレオを実施します!

12/4(土) ホーム最終節の大分戦にて、選手入場時(14:00頃)にゴール裏でコレオを実施しますので、早めの来場と掲出にご協力をお願いします。

20211202-001

柏レイソルの目指すべき舞台はどこか。

今シーズン、チームは一丸となって苦しい時期を乗り越え、来季もJ1で闘うことになりましたが、選手や監督から、

「自分達が戦いたかった順位はここではない」
「本来我々が目指してきたのは、この順位でシーズンを終えることではなかった」

といった声が挙がりました。

我々サポーター有志も、この順位に満足することなく、再び居るべき舞台に戻るため選手を鼓舞し続けていきたいと思います。

このクラブに関わる人で再び「柏から世界へ」を体現するべく、今回のコレオを通じて、柏レイソルへ更なる後押しをしていきたいと思いますので、ご協力よろしくお願いします。

2021/11/08 月

セレッソ大阪戦の動画をアップしました

2021年11月7日のセレッソ大阪戦の動画を日立台柏熱Chにアップしました。
以下の画像をクリックするか、左メニュー「日立台柏熱Ch」バナーよりご覧ください。

■日立台に太鼓が復活! 2021/11/07 セレッソ大阪戦
https://youtu.be/De2Wc31T_bE

20211107-001

2021/10/17 日

清水エスパルス戦の動画をアップしました

2021年10月16日の清水エスパルス戦の動画を日立台柏熱Chにアップしました。
以下の画像をクリックするか、左メニュー「日立台柏熱Ch」バナーよりご覧ください。

■三丸拡のJ1初ゴールで勝利! 2021/10/16 清水エスパルス戦
https://youtu.be/NKvT4QNTXNo

20211016-001

2021/10/01 金

クラブへの申入書についてのご報告

柏レイソルを応援する皆様へ

私共、柏レイソルサポーター有志は、2021 年シーズン(7 月 9 日時点)の成績及び柏レイ ソルを取り巻く現状を受けての今後について、申入書(4 点の質問事項)を、株式会社日立柏 レイソル代表取締役瀧川龍一郎 様宛に 令和 3 年 7 月 9 日付けでお送りいたしました。

※申入書の詳細は、以下のURLを参照ください。
http://www.hitachidai.net/log/top_log/eid874.html

この申入書について、オフィシャル HP 等や指定のメールアドレスにご回答いただきたい 旨、要望したところです。しかしながら、現時点で(10 月 1 日時点)クラブ側からの回答 がないことをご報告いたします。


国内では、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置が、9 月 30 日をもって全国一律に解除さ れることが決定いたしました。
その決定に伴い、J リーグをはじめとするスポーツ界においても観客数制限緩和に向けた動 きが出てくるなど、観戦環境の緩和が見込まれます。

私共は、本申し入れ以降、柏レイソルの巻き返しの力となるよう、アウェー神戸戦(8 月 9 日開催)にて、はじめて「スネアを導入した手拍子応援」を行うなど、「より一体化された 応援」「コロナ禍の応援」を模索し活動してまいりました。

引き続き、申入書(令和 3 年 7 月 9 日付け)を受けてのクラブ側の回答や、多くのファン・ サポーターの皆様から声をいただいている日立台での「太鼓等、自席で叩ける鳴り物規制の 解除」に向けて、再度、クラブ関係者を通じ、クラブ側に働きかけを行っていきます。

明日の仙台戦では、選手を鼓舞する趣旨の白ダンマクを柏熱地帯にて掲出いたしますので、 ご協力お願いいたします。

最後に、J1リーグも残すところ8節となり、ホーム日立台での開催は、4 節となります。 引き続き、柏レイソルを応援する皆様と共に、最大限のサポート活動を続けてまいります。 何卒よろしくお願い申し上げます。
1/174 >>